EUROPEANBEEF

From nature to you自然からあなたへ

ENJOY IT'S FROM EUROPE

最高の環境が
もたらす自然の喜び

バランスの良い気候

1.最適な気候

穏やかな海洋気候のおかげで、ヨーロッパは同緯度にあるほかの地域と違い、温度の急激な変化に見舞われることがありません。冬は短く温和で、夏の乾燥や熱気もさほど気になりません。
ヨーロッパの山や丘は多くの場合、海岸のそばに位置しており、風や海流から内陸を守っています。こうした好ましい状況のもと、家畜は11月の半ばから3月の半ばまでを屋内で暮らし、残りの期間は野外で自由に過ごします。

澄みきった水

2.きれいな水

水源からせせらぎ、河川、そして大洋へ。調和のとれた自然のサイクルが、渓谷にしたたるすべての水滴に、かぎりない清らかさを与えています。
降水量は年間1,000ミリから1,400ミリのあいだで安定しており(極端に雨の多い年でも2,000ミリ程度)、ヨーロッパの大地はこの雨のおかげで、豊かに栄える牧草地に恵まれました。水の流れの健全性をあらゆる場所で保つために、周辺環境の継続的な調査と保護を実施しています。

生い茂る草

3.栄養価の高い草

大地が樹木を受け入れ養うように、自然は望みうる最良の方法で自分自身に栄養を与えます。
牛にとっては、伝統的な穀物の餌よりも、草をベースにした食料の方が健康的で自然な ことを、多くの研究が示しています。草を食べて育った牛の肉にはビタミンAやカロチンが豊富に含まれており、特定の箇所に脂肪分が偏ることもなく、穀物で育った牛の肉とは違った味わいをわたしたちに教えてくれます。
長所はそれだけではありません。草を主体とした食事によって、牛の肉にはオメガ3脂肪酸が豊富に蓄えられます。これは、心臓を丈夫に保ち健康な生活を送るうえで、きわめて重要な働きをする栄養素です。

肥沃な土壌

4.肥沃な土壌

ヨーロッパの土を手にとってみてください。それは肥沃で、生命力に満ちています。土壌に含まれるミネラルは、わたしたちが日々、自然との調和、品質、そして健康の歴史 を紡いでいくための基盤です。
有機的な成分やそのほかの栄養素が、渓谷や牧草地に豊かな奥行きをもたらします。地域ごとに異なる特徴を持つ土壌の成分が、理想的な牧畜環境を形づくることに貢献しているのです。

清らかな空気

5.澄んだ空気

目を開き、周囲を見つめ、深く息を吸ってください。呼吸するごとに、新たな始まりを迎えたような清純さが感じられるはずです。環境保護庁の調査によると、ヨーロッパの空気の質は、ヨーロッパでもっとも高い水準のAIQH値を示しています(AIQHはAir Quality Index for Healthの略称)。AIQH値は1から10までの数値で表され、ヨーロッパの各地域は長きにわたり、1から3の評価を獲得しています。ヨーロッパ人ひとりひとりが自分たちの土地に抱いている愛と責任を、この成績は雄弁に物語っています。

どこまでもつづく牧草地

6.無限に広がる牧草地

400万ヘクタールを超える農地のうち、80%は牧草地として利用されています。さまざまに組み合わさった好ましい条件に後押しされることにより、ヨーロッパの畜産農家は、自然に十分な敬意を払いつつも、ヨーロッパでもっとも長い放牧シーズンを享受しています。